沿革
 
   
1979年
11月
  協会設立(任意団体)。会長 門倉 肇氏就任。
1981年
6月
  機関紙「解体協だより」第1号発刊。
1982年
1月
  第1回新年安全祈願祭の実施。以後毎年開催。
1984年
7月
  社団法人 神奈川県建物解体業協会として許可される。
初代会長 門倉 肇氏 就任。
1985年
4月
  第2代会長 峰 博氏 就任。
同年
9月
  青年部会 発足
同年
11月
  社団法人 全国解体工事業団体連合会加入。
1989年
4月
  第3代会長 伊藤 正秋氏 就任。
1990年
4月
  賛助会員制導入。
1993年
6月
  協会法人認可設立10周年記念式典
1994年
1月
  第1回 解体工事施工技士資格試験の実施。
1997年
4月
  横浜市と大規模災害時の協力協定を締結。
1999年
1月
  神奈川県と大規模災害時の協力協定を締結。
同年
2月
  横須賀市と大規模災害時の協力協定を締結。
同年
4月
  第4代会長 浦山 三郎氏 就任。
同年
4月
  秦野市と大規模災害時の協力協定を締結。
同年
11月
  葉山町と大規模災害時の協力協定を締結。
2000年
2月
  東京都、埼玉県、茨城県、栃木県、静岡県、群馬県、長野県の
各解体業団体と神奈川県解体業協会が「大規模災害時における相互支援協定」を締結。
同年
4月
  協会運営による共済制度をスタート。
同年
5月
  川崎市及び伊勢原市と大規模災害時の協力協定を締結。
2001年
11月
  開成町と大規模災害時の協力協定を締結。
2002年
3月
  平塚市と大規模災害時の協力協定を締結。
同年
5月
  綾瀬市と大規模災害時の協力協定を締結。
同年
9月
  茅ヶ崎市と大規模災害時の協力協定を締結。
2003年
2月
  寒川町と大規模災害時の協力協定を締結。
同年
4月
  箱根町と大規模災害時の協力協定を締結。
同年
7月
  千葉県解体工事業協同組合と神奈川県解体業協会が「大規模災害時における相互支援協定」を締結。
2003年
9月
  相模原市と大規模災害時の協力協定を締結。
 
 
  協会設立20周年記念式典開催。
2004年
9月
  社団法人 神奈川県建設機械リース業協会と「大規模災害時における相互支援協定」を締結。
2005年
3月
  鎌倉市と大規模災害時の協力協定を締結。
同年
4月
  第5代会長 富永 行雄氏 就任。
2006年
3月
  小田原市と大規模災害時の協力協定を締結。
2008年
2月
  松田町と大規模災害時の協力協定を締結。
2010年
10月
  第6代会長 大森 賢一氏 就任。
2012年
4月
  移行登記が完了し、一般社団法人 神奈川県建物解体業協会 となる。


戻る
Copyright (C) 2012. All Rights Reserved Incorpolated KANAGAWA-PRF Demollition Association